防犯ブザーは必要?

 

日本も、だんだんと安全な国ではなくなってきています。
最近は、本当に物騒な事件が多発しています。
子どもがいるご家庭では何かと心配ですね。

 

世の中を見ても、子供が被害者になってしまう事件が、増加しています。
小学校入学は、子供だけでの行動が増えてくる時期でもあります。

 

学校への登下校だけでも、親としては心配です。
学校と家とが近くても、安心できないのが現状です。

 

そこで、最近の小学生は、防犯ブザーをよく持っています。
防犯ブザーは、必要なのでしょうか?

 
 
防犯ブザーの必要性

 

結論から言いますと、やはり、防犯ブザーを持たせるべきだと思います。

 

持っているのが犯人にもわかるように、目立つところに身に付けるのがポイントです。
また、いざという時にすぐに鳴らすことが出来る所に持たせる必要があります。

 

例えば、首からさげる方法があります。
しかし、この方法ですと、犯人が背後からストラップを引っ張ってしまう可能性もあります。
そうすると、首が絞まってかえって危険な目にあいます。

 

ストラップにも、一定の力が掛かると自然に外れる仕組みになっているものがありますので、それを使用すれば、首が絞まってしまう事はありません。

 

よく見かけるのは、ランドセルに付ける方法です。
最近のランドセルには、防犯ブザーが付けられるように、肩ベルト部分にフックが付いています。
これならすぐに手が届きますし、不審者がいた場合すぐに鳴らすことが可能です。
つけていることも目立ちます。

 
 
注意点

 

注意したいのが、ランドセルの真横に付けているケース。
よく見かけますが、手が届かないと思います。

 

基本は、「手の届く所に付ける。」です。

 

最近では、学校サイドより、入学と同時に防犯ブザーを配る所も珍しくありません。
6年間もの長い間使うものです。

 

年に1回位はきちんと作動しているか、鳴るかどうかの確認をしましょう。
いざという時に使えないことが無いように、保護者も気を付けなければなりません。
6年間、防犯ブザーのお世話にならない、楽しい学校生活を送れるのが理想ですね。