入学といえば学習机

 

小学校入学となると、色々準備するものあがりますよね。

 

その一つとして、学習机があると思います。

 

でも最近は、子供が低学年の間は親の目が行き届いているリビングで勉強させる家庭が多いです。

 

そして、高学年になってから子供部屋で勉強させるようにしていくようですね。

 

これを受けて、学習机も環境や成長によって自由に変化させることが出来るものが多くなってきました。

 
 
学習机は先を見越して買うのがおすすめ

 

例えば、始めの頃はコンパクトに使え、部屋が広くなった際には、付属している拡張天板をはめ込んで、奥行きが70センチに広がるような机や、机の高さも子供の成長に合わせて5段階まで調節出来るような机が発売されています。

 

また、本棚やワゴンなどの各パーツを自由に組み合わせることが出来たり、机用の引き出しや棚を買い足したりすることによって、部屋の空間に合わせて勉強する環境を整えることが出来る学習机もあります。

 

低学年の間は、「勉強をする机」として、学習机を使うことが少ないと思いますので、机と椅子、そして、教科書をしまえるワゴンだけの必要最小限の学習机という選択肢もあるでしょう。

 

素材を天然木等にすると、学習机もとても高価な買い物です。

 
 
応用性が大切

 

高いものを買うのは良いですが、あとで、スペースや子どもの趣味などに合わなくなって後悔という事がないように注意ししたいものです。

 

出来れば色々な事に考慮しながら、応用の利く学習机を選ぶと良いでしょう。

 

リビングで勉強させるのなら、学習机は要らないのではないかと考えるかもしれません。

 

けれど、ランドセルや教科書をきちんと決まった場所へ片付ける習慣を1年生の頃から身に付けるためにも、学習机は揃えてあげた方がよいと言えるでしょう。