ミニチュアランドセル

 

小学校の6年間の思い出がいっぱい詰まったランドセル、みなさんはどうしていますか?
保管しておきたいけど、かさばるから捨ててしまうという方も多いのではないでしょうか。
でも親御さんにしてもお子様にしても6年間の大きな思い出の詰まったランドセルを捨ててしまうのはちょっと後ろ髪引かれてしまう気持ちではないでしょうか。

 

そんなとき、小学校6年間の思い出を卒業時に残しておくとてもいい方法があるんです。
それはミニチュアランドセルにして残しておくという方法です。

 

これは使っていたランドセルの材料を再利用してそのままサイズを小さくしたミニランドセルを作って残しておけるといううれしいサービスなんです。

 

これなら保管場所にも困らず、ちょっとしたキーホルダーとして気軽に残しておけるんです。

 

お子様も自分の6年間使っていたランドセルがずっと手元に残るのは、成長した後も小学校の思い出を忘れずにとっておけるのでうれしいのではないでしょうか。
とてもいいサービスですね。

 

中にはランドセルをそのままとっておく方もいるかもしれませんが、大人になるにつれ必要性を感じなくなり、置く場所に困った挙句、結局捨ててしまうという結果になる方も多いです。
結果的に捨ててしまえばせっかくとっておいても悲しいですよね。
そうならないためにもずっととっておける形にしておけば、ずっと保管し続けることができるからおすすめですよ!

 

 

ミニチュアランドセルのご注文はこちらへ